業務内容

言語商会では下記に示す業務の依頼を承ります。下記個別業務の他、自然言語処理全般に渡る包括支援(アドバイザー)契約も承ります。

受注方針

言語商会は下記の方針で受注を行っています。

    • 取引先を分散させる

        • 専業契約やフルタイムでの依頼は引き受けない

    • 手を広げすぎない

        • 生活費が確保できる程度で仕事量を抑制する

    • 収益よりも顧客の満足度を高める

        • 満足な結果が得られないと予想される業務、及び専門外の仕事を原則として引き受けない

        • 他社に依頼したほうが適当と考えられる場合は依頼者にその旨を伝える

広報方針

事業方針の通り、言語商会は Twitterを重要な情報発信媒体と考え、下記の方針でTwitterによる情報発信を行っています。

  • 言語商会のTwitterでは事業活動関連情報の他、自然言語処理に関する情報発信に徹して行い、私的な情報発信(例:腹減った、どこどこのラーメン屋がうまい)は原則として行いません。

  • 自然言語処理関連の情報はできるだけ幅広く網羅し、自分の意見と相違する場合であっても有益であればツイートします。また原則として同一の情報を繰り返し発信することは行いません。

  • Twitter上では如何なる議論も行いません。返信を行う場合は最低限のみとし、回答を強要された場合などは概ね無視します。これはTwitter上でのいわゆる「炎上」を防ぐためにこのような方針で行っており、SNSを長く安全に利用する上でこの方針を堅持することは経験上重要と考えます。